• HOME
  • vol.1 日本最大級のデジタル系求人サイト「Find Job !」の軌跡 − 株式会社イーマーキュリー(現株式会社ミクシィ) 取締役 塚田寛一

株式会社ミクシィ




はじめに、イー・マーキュリーの事業内容について教えていただけますか?

 デジタル系求人情報を提供する『Find Job !』、プレスリリース配信サービスの『@Press』、そしてSNS(ソーシャル・ネットワーキング サービス)『mixi(ミクシィ)』と、3つのサイトを運営しています。



塚田さんは、『Find Job !』事業部をご担当されていらっしゃるんですね?

 そうですね。『Find Job !』は、1997年11月、代表取締役の笠原が大学3年の時にスタートした求人情報サイトで、申込、掲載、応募等のすべてのプロセスがweb上で完結できる本格的な求人情報サイトを目指そう、ということでスタートしたサービスです。

 個人事業という形で笠原が一人で運営していた『Find Job !』を正式に法人化したのが、1999年6月。まだ笠原含め、スタッフが2,3人の有限会社でしたが、その頃インターンとして入社したのが私です。



イー・マーキュリーに関わった当時から『Find Job !』を担当されていたのでしょうか?

 いいえ。私がインターンをしていた頃は、別の事業を担当していました。当時は、日本におけるインターネット黎明期から成長期への移行時期でした。インターンの契約は3ヵ月間でしたが、ネットサービスの可能性、スピード感、そしてダイナミズムを知るには十分過ぎる体験ができたと思います。イー・マーキュリーでのインターン期間終了後、別の企業でもインターンとして働き、社会人としての経験を積むことができたわけですが、やはり自分を生かしてくれる職場はイー・マーキュリーだと思い、大学卒業後正式に入社しました。



現在の『Find Job !』のビジネスモデルは、どのようにしてできたのでしょうか?

 創業者の笠原が『Find Job !』を始めたきっかけは、「求人広告の掲載料は高すぎないか?」という疑問からだったと聞いています。
 ご存知の通り、『Find Job !』は、求人情報を出稿する企業様から掲載プランに応じて、広告料金を頂くというモデルの事業です。ただし、一般的な求人情報サイトと比較した場合、『Find Job !』は低価格でサービスを提供していること、求職者と企業様のベストマッチを目指し、様々なサポート体制をとっていることが大きな特徴となっています。もともと笠原一人で全ての業務を担当していた時代があるからか、『Find Job !』は、当初から、「問題点の洗い出し」「優先順位付け」「改善案の抽出」「実行」「検証」というように、製造業のような緻密な運営方針をとっていました。日々このようなサイクルを回した結果、『Find Job !』はデジタル系の仕事、つまりクリエイター、事務、エンジニアなど、パソコン回りの仕事に関して圧倒的な求人情報を掲載するサイトとなりました。最近は、多様な雇用形態、たとえば正社員・アルバイト・派遣・SOHOなど幅広い雇用形態での求人にも対応しています。



低価格を実現するには、少ない人数で回せる仕組みづくりが欠かせないと思いますが・・・

 立上げ当時は、求人情報の掲載は無料で、トップページのバナー広告など、掲載料以外の広告料金を頂くことで、売上を立てていました。ただし登録が無料とは言っても、スタートした頃は、誰もその存在を知らないのですから、すでに自社のサイトを持っている企業に集中して、電話営業をかけていたそうです。私が入社したころには『Find Job !』の仕組みはすでにできており、低価格で利益をあげるために、企業の採用担当者様がインターネット上で登録から掲載の申込までを完結できるようになっていました。これにより営業コストをほとんどかけずに販売できるようになりました。このころ、多くのベンチャー企業様が『Find Job !』で企業のキーパーソンを採用するようになり、口コミで掲載企業数やユーザーも徐々に増え始めました。
 そのような企業様は、会社が大きく成長した現在も、『Find Job !』を使い続けて下さっています。



『Find Job !』の次なるステップアップのための施策は、どのように考えたのですか?

 非常にリーズナブルな価格で求人情報を掲載していましたので、不況抵抗力が高く、口コミで多くの企業様にご利用頂いていたのですが、求職者への認知度に関しては、改善しなければと感じていました。そこで、求人情報量も増えたので、多くのユーザを擁するポータルサイトなどへ情報提供を積極的に展開しよう、ということになりました。コンテンツとして『Find Job !』に掲載された求人情報を提供し、ユーザー数の増加を図る企画が始まりました。2003年に始まった同企画は、2004年に入ってマイクロソフトが運営するmsnやライブドアの求人情報サイト等を含む8社との提携を進め、確実にユーザー数を増やしていくことにつながりました。 もちろん提携の前提として、ユーザー側の視点に立ったきめ細やかなサービスの構築があってこそ、高い満足度が得られると思っており、現在もどうやったら満足してもらえる、喜んでもらえるサービスになるか、をとことん考えながら運営しています。

 2004年からは、SNS『mixi』の運営が始まり、いろいろなメディアで取り上げて頂く機会も増えてきました。これまでの『Find Job !』ユーザの方だけでなく、新しいユーザの方の利用も増えており、現在は登録企業数15,000社、登録求職者数は約150,000人のサイトとなりました。



--------------------【塚田寛一氏プロフィール】--------------------
1978年生まれ  千葉県出身
1997年4月 東京大学法学部入学
2002年4月 株式会社イー・マーキュリー(現株式会社ミクシィ)入社
2004年4月 同社取締役 『Find Job !』事業部長に就任

-------------------------------------------------------------------


※インタビュー内容はすべて取材当時のものです。本記事閲覧時点で、名称、事業内容等は変更されている場合がございますのでご了承ください。


インタビューINDEX
vol.1 日本最大級のデジタル系求人サイト「Find Job !」の軌跡
vol.2 若手経営人材という生き方

インタビューtopへ