• HOME
  • vol.2 創業1年での事業売却、そしてCRMビジネスの立ち上げへ - シナジーマーケティング株式会社【ヘラクレス:3859】 取締役副社長 田畑正吾




その後、どのような経緯で楽天に事業売却をされたのでしょうか。

 ちょうどその頃、同じモデルでサービスを提供していた競合他社がヤフーに買収され、子会社化されたんです。一方はヤフーをバックボーンとし、私達は独立系。このビジネスにおいては会員数が一番大事ということは立ち上げ当初から意識していましたが、いくら現時点で、サービスが良い、システムの性能が良いといっても、単独ではヤフーには勝てないなと思いました。このまま手を拱いていると、会員が流れ、会員数が激減するのではないかと予測できました。また、資金的な問題からも、今使っていただいている会員様には、最悪の場合、サービスを停止せざるを得ない状況に立たされておりました。

そのような時に、以前から少し出資をいただいておりました楽天の三木谷さんからメーリングリスト事業を楽天に売却しないかという打診をいただいたのです。事業をスタートしてまだ1年目。いろいろな方向や可能性を考えてはみましたが、最終的には売却することがベストだろうという結論に至ったのです。ただ、私達としてはまた自分達で別の事業をやりたいという気持ちがありましたので、事業売却をしたのですが、人まで移動することはなく、新しい事業をやらせてもらえるよう、三木谷さんにお話させていただいたところ、快いお返事をいただきました。そこから私達は新たにこれまで培ってきたメールの技術を使って何かサービスを立ち上げられないかと真剣に考えました。
この時は、夜も寝ずに会議を何回も重ね目一杯働きましたね。いろいろな案を出していく中で、これならいけるのではと開発したのが、今のCRMサービスの原点になるシステムです。


「以前より少し楽天さんに出資をいただいていた」との事ですが、事業を伸ばしていくにあたって、楽天さんを選んだ理由は何だったのでしょうか。

 いろいろな経営者の方にお会いをする機会はありましたが、楽天の三木谷さんは事業に対して、ものすごくアグレッシブで尊敬できる存在だなと感じていましたし、三木谷さんとなら5年後、10年後でも一緒にビジネス上で絡んでいたいと思ったんですね。


それで2000年9月に新しくインデックスデジタル社を設立されましたが、創業期はどのような資本構成だったのでしょうか。

 設立時の資本金は1500万円で社員7名、役員は3名でした。この時に資本構成をどうするかと考えた時、あまり株主数を増やしたくはないとの思いがありまして、谷井を中心に役員と楽天さんに出資をいただき、設立をしました。インデックスデジタルは、法人を対象としたサービスのため、100%個人の資本で構成された会社よりも、上場している事業会社の資本が20%くらい入っていると信頼感があると思いました。そのような考えから全てのビジネスモデルを三木谷さんにお話をし、楽天さんから出資をいただきスタートしました。


実際の営業面でどのような影響があったのでしょうか。

 実態は年に数回事業のご報告に行く程度でしたが、パンフレット上に記載された「楽天」の2文字が威力を発揮しました。お客様のところに伺った際は声を大にして楽天さんにご出資していただいておりますと言っていました。
扱うサービスに違いがありますが、インフォキャストの創業時とは、やはり信用の面でお客様の反応がまったく違いましたね。


ASPは積み上げ型で安定的な収益を確立できるモデルだと思いますが、立ち上げ時はキャッシュフローが厳しかったのではないでしょうか。

 まさにその通りで、損益分岐点を超えるまでのキャッシュをどうするかが、このASP事業が立ち上がるかどうかの重要なポイントでしたね。今思えば非常に幸運だったなと思うのですが、メーリングリストの事業を楽天さんに売却した際に、そのシステムを運用できる人がいなかったんですね。私達が作ったシステムでしたので、エンジニアの方々がソースコードを把握するにも時間がかかりますし、トラブルが起こった時にどこを修正すれば良いのかもわかりません。仕様書も残っていない状態でしたので、一定期間はシステムの運用や保守については、私達に任せていただき、1年半くらいはその費用をいただいておりました。資金的に余裕があるとは言えませんでしたが、事務所の経費や人件費の一部を賄うことができましたので、そこは非常に幸運だったと思います。



--------------------【田畑 正吾氏プロフィール】--------------------
1971年7月10日生まれ
1995年3月 神戸大学経営学部卒業
1995年4月 株式会社日本興業銀行入行
2000年1月 株式会社インフォキャスト設立、取締役
2000年9月 インデックスデジタル株式会社設立、取締役副社長
2005年6月 シナジーマーケティング株式会社設立、取締役
2006年7月 同社 取締役副社長(現任)


シナジーマーケティング株式会社

-----------------------------------------------------------


インタビュー INDEX
vol.1 銀行を飛び出し、ベンチャーの創業に参画
vol.2 創業1年での事業売却、そしてCRMビジネスの立ち上げへ
vol.3 創業時の営業戦略と事業展開
vol.4 株式公開への道のり

インタビューtopへ