「IT」と「人」がキーワード。流通に新しい価値を創造する

株式会社メディアフラッグ

レイター
  • ストックオプション
  • 女性が活躍
  • 未経験可
  • 社員持株会
  • 若手積極登用
  • 急成長
  • 新規事業
  • 企業情報
  • 求人情報

リサーチ事業:全国15000人以上登録している調査スタッフが、お客さまとして店舗の訪問、御社の「店舗サービス力」をチェックします。営業支援:スピード&クオリティー&流通ノウハウを駆使し、御社の営業マンをサポートする専門ラウンダーをご提供いたします。ASP事業:Market Watcherは、携帯電話を活用した「現場」&「消費者」をリアルタイムにレポートするシステムです。


企業DATA

社名株式会社メディアフラッグ
設立年月日2004/2
代表者名福井康夫
資本金22,635万円
株主福井 康夫、松田 公太(タリーズ創業者)、株式会社博報堂DYホールディングス、株式会社レッグス、住友商事株式会社、株式会社東急エージェンシー、株式会社ブックオフスタートアップ、株式会社バックスグループ、株式会社フランチャイズアドバンテージ、夢の街創造委員会株式会社、株式会社フロンティアインターナショナル、株式会社サイバーエージェント等
主要取引先20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン株式会社/エーザイ株式会社/ロート製薬株式会社/ユースキン製薬株式会社/武田薬品工業株式会社/ 株式会社大木/エステー株式会社/マスターフーズリミテッド/リーバイ・ストラウスジャパン株式会社/レッドブルジャパン株式会社/キリンビバレッジ株式会社ブックオフコーポレーション株式会社/タリーズコーヒージャパン株式会社株式会社アパマンショップネットワーク/株式会社イオンファンタジー/株式会社ファミリーマート等
設立背景当時某スーパーの会長の鞄持ち的なお仕事をさせていただく中で、流通業の面白さを知り、「流通業はまだまだチャンスがあるし、今後益々面白いだろう」と感じ、セブン-イレブン・ジャパン(以下セブン-イレブン)に転職。現場の店長から始めて、スーパーバイザーを経て、本部の情報システム部に異動セブン銀行の立ち上げや、新規事業の立ち上げを経験。新しい市場を切り拓く時は背水の陣でやらなければ成功しない」と結論を出し、35歳の時に起業した。
事業内容(特長・強み)・営業支援事業(消費財メーカー向け営業アウトソーシング) ・リサーチ事業(流通・飲食本部向け営業アウトソーシング) ・システム事業(マーケティングに関わるシステム開発およびASP展開)

起業家プロフィール

福井康夫
福井康夫(1968年生まれ)
1991年旧三和銀行入社。1995年セブン-イレブン・ジャパン入社。神奈川地区にて、店長及びスーパーバイザー等のフィールド業務に従事。1999年情報システム本部に配属。店舗システム推進、IYバンク(現セブン銀行)、イーコマース子会社セブンドリーム・ドットコム等の新規事業の立上げを経験。その後ベンチャー系SP代理店を経て、2004年2月セブン-イレブン・ジャパンでの約8年に渡る業務経験を活かし、株式会社メディアフラッグを設立。代表取締役就任。

株式会社メディアフラッグが募集中の求人