ナレッジ・プロセス・アウトソーシングのNO1企業を目指して

株式会社ユーザベース

ミドル
  • 創業メンバー
  • 海外進出
  • 未経験可
  • 急成長
  • 新規事業
  • 企業情報
  • 求人情報

日本最大級の業界・企業データベースと多数の知識プロフェッショナルを有し、ITテクノロジーとプロフェッショナルリサーチを融合し、調査・分析等の知的業務の生産性を劇的に改善するサービスを提供している。現在は、あらゆる情報を集約、集積するプラットフォーム「SPEEDA」を展開。ナレッジ・プロセス・アウトソーシング企業として、NO1を目指している。


企業DATA

社名株式会社ユーザベース
設立年月日2008/4/1
代表者名梅田優祐、新野良介
資本金2億6,100万円
設立背景企業・産業調査は、情報収集→整理→示唆の抽出→アウトプット という業務プロセスで行われ、付加価値の低い「情報収集」に時間を取られ生産性が低くなりがちである。戦略系コンサルティング会社や外資系投資銀行に所属していた代表者らが日々感じていた問題意識に基づき、企業・産業情報の収集・分析までをシステム化できるプラットフォームを構築し、知的業務の圧倒的な生産性向上を目指し、起業に至る。
事業内容(特長・強み)SaaS型データベースプラットフォーム「SPEEDA」は、点在する企業情報(IR、プロフィール、財務、マーケットシェア、関連市場動向など)の収集、評価、比較、分析まで、1つのアプリケーション上でワンストップで提供するサービス。東洋経済、野村総合研究所などデータベース保有者13社とコンソーシアムを創設し、自社テクノロジーにより独自収集した情報も統合し、ITとプロフェッショナルリサーチを融合したサービスを提供している。1ライセンス7万円〜。コンサルティング会社、投資銀行、証券、会計事務所など、発売開始2年で既に数百ライセンスを販売。今後は、上場企業、大手企業をはじめ事業会社への導入強化を図る。

起業家プロフィール

梅田優祐、新野良介
梅田優祐、新野良介
梅田 優祐: コーポレイトディレクションにて製造業、商社を中心とした全社成長戦略、再生戦略の立案・実行支援、食品メーカー等のBPRを中心に従事。その後、UBS証券会社投資銀行本部にて、事業会社の財務戦略の立案、資金調達支援、自己勘定投資に従事。2008年、UZABASEを設立。    新野 良介: 三井物産生活産業セグメントにおいて事業投資部隊に所属し、国内中間流通戦略の立案、事業投資の実行、企業再建に従事。その後、UBS証券会社投資銀行本部にて消費財・リテールセクターを担当し企業の財務戦略アドバイザー業務に従事。2008年、UZABASEを設立。

株式会社ユーザベースが募集中の求人
recruit
エンジニア / 外苑前駅
転職支援に登録