システムとマーケティングの融合で、お客様の「成果」にコミットするインタラクティブエージェンシー

シナジーマーケティング株式会社

グロース
  • 海外進出
  • 社員持株会
  • 急成長
  • 新規事業
  • 株式公開
  • 企業情報
  • 求人情報
  • インタビュー

vol.1 銀行を飛び出し、ベンチャーの創業に参画 - シナジーマーケティング株式会社(3859)

■ 田畑 正吾氏プロフィール
1971年7月10日生まれ
1995年3月 神戸大学経営学部卒業
1995年4月 株式会社日本興業銀行入行
2000年1月 株式会社インフォキャスト設立、取締役
2000年9月 インデックスデジタル株式会社設立、取締役副社長
2005年6月 シナジーマーケティング株式会社設立、取締役
2006年7月 同社 取締役副社長(現任)

シナジーマーケティング株式会社 取締役副社長田畑正吾

−御社の事業内容をお聞かせ下さい。

 ASP型の国産CRMシステムとして「統合顧客管理システムSynergy!」の提供をはじめ、CRM活動に関するコンサルティングや各種CRM業務のBPOに至るまで、お客様のOnetoOneマーケティングをワンストップでサポートさせて頂いています。
 現在は、CRMシステムのASP事業、お客様のCRM活動を代行し、運用面のサポートをするエージェント事業、各企業様の事情に合わせ最適なCRMシステムを構築するSI事業をしております。はじめは3つもできるほど人も体力もありませんでしたので、ASP でのシステム提供からスタートして、現在の事業構成となりました。

−田畑さんは創業時から参画されていらっしゃいますが、どのようなきっかけで谷井社長と出会ったのでしょうか。

 話しは少し遡りますが、シナジーマーケティングの創業前にインフォキャストという会社を一緒に経営していまして、谷井とはその立ち上げ前に出会っています。
 谷井に出会う前は銀行員をしていました。ある起業家の生き方に触れたことがきっかけで、自分も何か新しいビジネスにチャレンジをしてみたいと、いてもたってもいられない感情に駆られ、「よし自分も起業をするぞ」と1999年に銀行を退職してしまったんです。当時27歳。家族もいましたので、今考えればそのような選択はできないと思うのですが、若さと勢いで、辞めなければ始まらないということもあり、お世話になった銀行を飛び出してしまったんですね。

 いざ起業しようと思っても何をやるかは決めていませんでした。銀行を退職したことを機に当時住んでいた東京から地元の大阪へ帰ろうと思い、大学時の同級生の友人に帰郷の知らせをしたんです。そのとき友人から、ちょうどインターネットビジネスを新しく立ち上げようと考えている知り合いがいるので一度会ってみないかと言われ、紹介されたのが谷井でした。最初はとりあえず会ってみようと軽い気持ちだったんですね。いざ会ってみると、互いに実現したい思いなど熱い気持ちを語っているうちに、初対面にも関わらず結局3時間も話し込んでいました。谷井は、会社を設立する以前からメールマーケティングや関連するウェブビジネスを手がけていましたし、何か一緒にできる事はあるかもしれないなと思い、話終える頃には「じゃぁ一緒にやろうか」とその場で即断していました。それから、株式会社インフォキャストを設立し谷井と私、他3名の5人で事業を始めることになりました。

−インフォキャスト社を設立し、その中での田畑さんの役割などをお聞かせ下さい。

 そうですね。もともと金融関係という事もあり、今は会社の財務的な役割を中心に担っておりますが、創業時は経理財務、人事、労務など営業に関わる以外の業務は全て担当していました。インフォキャストでは、無料のメーリングリストサーバーを提供していましたので、メールサーバーを構築する技術やメール関連のサービスをウリにしていました。
 今でこそ、メーリングリストを作ろうと思えば、ヤフーなどで簡単に作ることができますが、当時はそのようなサービスがなかったのです。そこで、簡単にメーリングリストを作成できるサイトとシステムを提供したんです。事業モデルとしましては、メーリングリストのヘッターの部分に5行程度の広告をつけて、広告収入で収益をあげる構造でした。使い勝手の良さと何より無料だった事が評判を呼び、会員数は100万人規模まで一気に伸びる勢いでした。ところが、広告事業の経験者が一人もいませんでしたので、そもそも広告をどうやって、誰に売ったら良いのか分からなかったんですね。
 今は、ネット広告の代理店やレップなど業態として確立されておりますが、当時はそういった会社がなく、いろいろな会社を回ってメール広告を提案してもなかなか売れず、信用してもらえませんでした。粘り強く営業したところの何社かに広告を出していただいたのですが、100万人近くの会員を動かしていくだけのサーバー台数を養っていく費用を上回る広告収入は到底得る事ができませんでした。その状態がしばらく続き、費用はどんどんかさんでいき、赤字は膨らんでいく一方です。会社を設立して半年ぐらい経って、「正直このままではマズイ。」と本気で思いましたね。それが2000年6月頃ですね。

(vol.2に続く)

シナジーマーケティング株式会社が募集中の求人
recruit
営業(エージェント/SI) / 大阪:西梅田駅、大阪駅など/東京:市ヶ谷駅
転職支援に登録
recruit
アプリケーションエンジニア / 大阪:西梅田駅、北新地駅、梅田駅、大阪駅
転職支援に登録
recruit
Webプロデューサー / 大阪:西梅田駅、大阪駅など/東京:市ヶ谷駅
転職支援に登録