release

2018-05-16 14:00:00 株式会社ムービット

Let's Encryptによる常時SSL化に対応したWebサイトを簡単に構築・運用が出来る仮想アプライアンスの販売開始

■製品概要

「Powered BLUE 870」Webアプライアンスは、マルチドメイン・マルチサイトに対応しており複数のWebサイトを1台で運用することが出来ます。Webサイトへのアクセス時の情報漏えいなどを防止するため、WebサイトのSSL化が推奨されておりますが、WebサイトのSSL化に際して一般的な商用の「SSLサーバー証明書」のみを利用すると「高コスト」で導入しにくい側面もあります。また商用の「SSLサーバー証明書」は、SSLサーバー証明書の更新忘れによる、証明書の失効などの問題もありました。


今回「Powered BLUE 870」Webアプライアンスでは、無償のSSLサーバー証明書である「Let's Encrypt」によるWebサイトの常時SSL化機能に対応しました。GUIからの簡単な操作でWebサイトへの「SSLサーバー証明書」の導入が出来ます。またSSLサーバー証明書の自動更新機能も備えており、「ひとり情シス」環境でも「SSLサーバー証明書の更新忘れ」などを防止することが可能で、簡単に運用することが出来ます。


さらに従来までは複数のWebサイトをSSL化するには、Webサイト毎に個別のIPを割り当てる必要があり、IPアドレスを必要なWebサイト分を取得出来ないDMZ環境などでは、サーバー上の全てのWebサイトをSSL化で運用をしにくいケースもありました。「Powered BLUE 870」では、IPアドレス1個でサーバー上の全てのWebサイトのSSL化が出来るSNI (Server Named Indication) へ対応しており、google社などが提唱するWebサイトの常時SSL化もIPアドレス1個での運用が出来ます。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMxOTE2OCMyMDE2MjkjMTkxNjhfZVJ0V0tDb1NkQi5wbmc.png ]


■Let's Encrypt 対応(フリープラグイン)


Let's EncryptのSSLサーバー証明書はGUIからの簡単インストール

SSLサーバー証明書の自動更新モードでの運用に対応


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMxOTE2OCMyMDE2MjkjMTkxNjhfS091RGF6dVJPei5wbmc.png ]

■運用例など

市内の小中学校の30校の個別のWebサイトを、「Powered BLUE 870」上に固定IPアドレス1個で全てLet's EncryptによるSSLサーバー証明書を利用して常時SSL化対応のWebサイトを構築・運用


■機能

・Webサーバー機能(マルチドメイン・マルチサイト対応)

・Let's Encrypt SSLサーバー証明書対応(SSLサーバー証明書導入・更新機能)

・SNI対応 (IPアドレス1個で全てのWebサイトの常時SSL化に対応)

・WordPressに対応(Webサイトへのブログ作成・管理機能)

・インターネットサーバー機能


■動作環境

・仮想環境     VMwareESXi / Hyper-V

・クラウド環境 AWS / EC2

VPS

NTTPCコミュニケーションズ (WebARENA)

GMOクラウド(ALTUS)

・対応OS     CentOS 7.x (64bit) / RedHat 7.x (64bit)


■発売予定日

2018年5月17日


■価格

オープンプライス


■製品詳細

※Powered BLUE 870 サーバー の詳細は以下のWebサイトでご覧いただけます。

https://www.mubit.co.jp/sub/products/blue/b870.html





提供元:https://www.value-press.com/pressrelease/201629

情報提供:リリース