release

2019-02-12 13:00:00 株式会社ローズクリエイト

昭和最後の「芸能界」の語り草。なべおさみが『昭和疾風録 興行と芸能』を出版。記念イベントには玉袋筋太郎が応援に。

秘蔵プライヴェート写真と共に振り返る「イベント・コンサート」の温故知新。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NjQ1MSMyMTU1OTYjNTY0NTFfVWdObHBWYUljeC5qcGc.jpg ]


現代でこそイベンター、オーガナイザーなどと名を変えてはいるが、芸能活動として欠くことの出来ないイベントやコンサートを取り仕切る「興行師」。

現代も続く興行文化の根の部分を、昭和最後の語り草として「なべおさみ」が写真と共に振り返っていく。

どのような形で芸能人が育てられ、どのような形で儲け、興行が取り仕切られたかを具体的なエピソードで語る。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NjQ1MSMyMTU1OTYjNTY0NTFfbmxvaEZuWmFKaC5qcGc.jpg ]


昭和の芸能史と日本のエンターテイメントを熟知する最後の人物といわれている「なべおさみ」

今ここで聞いておかないと、後世リアルに語れる人物がいなくなる。

だからこそ貴重な1冊である。


「興行師」とは一体どういう人たちか。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NjQ1MSMyMTU1OTYjNTY0NTFfT3pQd2xocXVMRi5qcGc.jpg ]


戦後の昭和20年代、30年代をピークに、各地でショーや舞台を大衆に提供し、裏社会とも密接な関係を保って財力・影響力を誇りながらも、徐々に姿を消していった人たち。

戦後日本人の心を癒やした「娯楽」は、彼らによってもたらされたのだ。

このたび、ある大物興行師のもとから多数発掘された秘蔵写真。

力道山、美空ひばり、水の江瀧子、高峰三枝子、藤山一郎、エンタツ・アチャコ、片岡知恵蔵、阿部定、鶴田浩二、江利チエミ、三橋美智也、水原弘、石原慎太郎……。

伝説のスターの貴重なオフショットと共に、なべおさみが独自の切り口でエピソードを紹介。

その中で戦後における「興行」と「芸能」との特別な関係が浮き彫りになっていく一冊。


2月22日(金)八重洲ブックセンターにて出版記念イベント開催

『昭和疾風録 興行と芸能』刊行記念

なべおさみトーク&サイン会

2019年2月22日(金)

18時30分開場/19時開演(20時30分終了予定)

@八重洲ブックセンター8Fギャラリー

東京都中央区八重洲2丁目5-1

出演:なべおさみ/玉袋筋太郎(司会)

参加定員:80名(申し込み先着順。定員になり次第、締め切り)

参加方法:1階カウンターにて参加対象書籍を購入された方に参加券をお渡し。参加券1枚につき、お1人のご入場。18時より8Fカウンターにて受付。

電話予約も可能(03-3281-8201)


▼詳細

https://www.yaesu-book.co.jp/events/talk/15537/


■マスコミ受付

・受付(17時15分〜)

・囲み取材(17時45分〜18時15分)

・個別取材等(18時15分〜18時30分)

※事前に申請くださいませ。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NjQ1MSMyMTU1OTYjNTY0NTFfaW5MUENPalNNZi5qcGc.jpg ]


2019年2月18日発売

昭和疾風録ー興行と芸能ー

なべおさみ著

出版社:イースト・プレス

定価1800円+税

304ページ

○目次

序章 古池慶輔という男

一章 戦後と興行

二章 力道山と美空ひばり

三章 写真で辿る戦後芸能

終章 「ハレ」と「ケ」考


▼Amazon(アマゾン)

https://www.amazon.co.jp/dp/4781617514/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_DivwCbGB7KZHP


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NjQ1MSMyMTU1OTYjNTY0NTFfeXRxRmpzeGhQTy5qcGc.jpg ]


■著者プロフィール:なべおさみ

1939年、東京都生まれ。本名は渡辺修三。

1958年、明治大学演劇科入学後、ラジオ台本などの執筆活動に入る。

その後、水原弘とともに渡辺プロダクションに入り、水原や勝新太郎、ハナ肇の付人となる。

62年明治大学卒。64年、『シャボン玉ホリデー』(日本テレビ系)でデビュー。

68年、山田洋次監督の『吹けば飛ぶよな男だが』で映画主演を果たす。

74年に渡辺プロを退社し、森繁久彌の付人になる。

78年から『ルックルックこんにちは』(日本テレビ系)内の人気コーナー「ドキュメント女ののど自慢」の司会も務めた。



提供元:https://www.value-press.com/pressrelease/215596

情報提供:リリース