release

2020-11-21 09:00:00 株式会社ePARA

2名の全盲プレーヤーの参戦についてのお知らせ。社会人バリアフリーeスポーツ大会「第1回 ePARA CHAMPIONSHIP 後半戦 鉄拳7(Steam版)」

バリアフリーeスポーツ「ePARA」(ePARA実行委員会、代表:加藤大貴)は、バリアフリーeスポーツイベントの開催を通じて、障害者がより活躍できる機会の創出を行っております。明日11月22日(日)に開催する「第1回 ePARA CHAMPIONSHIP」後半戦におきまして、全盲というハンディを乗り越えてeスポーツに挑戦する2名のプレーヤーの参戦が決まりました。みなさまの熱い応援をお待ちしております!

・挑戦の理由について
私どもePARAでは、視覚にハンディキャップを持ちながらも、ゲームを楽しむ方法を研究しております。ePARAでは、全盲または弱視の方がeスポーツに取り組むこと全般を総称して「ブラインドeスポーツ」と呼んでいます。今回の挑戦を通じて、ブラインドeスポーツの可能性を広げ、世に知ってもらいたいと考えております。

・今回参戦する2人の視覚障害プレーヤー
今回、参戦する、視覚障害を持つ2名のプレイヤーをご紹介します。2人とも先天性の視覚障害を持っています。(Team-ePARA所属)

直也:全盲の声優・ナレーター、エンジニア。大の野球好き。(盲目の戦士)
いぐぴー:全盲のNHKのど自慢元グランドチャンピオン。(盲目の女格闘家)

・参考URL
「全盲の僕でもパワプロをやりたくて試したこと」(直也)
https://epara.jp/pawapuro-epara-200629/

「全盲いぐぴーのチャレンジ!MINECRAFT体験版を振り返る」(いぐぴー)
https://epara.jp/minecraft-iguppy-200803/

・「画面共有による人力支援」
視覚障害というハンディに対して、チームメイトによるサポートを行います。「画面共有による人力支援」です。視覚障害のプレイヤーとペアになる晴眼者のサポーターを配置、視覚情報を補完しながらプレイすることで、諸問題の解決とプレイのサポートを行います。視覚のサポートを行うにあたっては、ボイスチャットアプリDiscord(ディスコード)に付属されているGo Live(ゴ−ライブ)機能を利用しています。

・障害者eスポーツに関するニュースサイト「ePARA」について
本リリースの内容について、詳しくは「ePARA」のWebサイトに掲載されている下記のニュース記事も合わせてご確認ください。

「全盲でも「鉄拳7」で戦いたい! Team-ePARAの新たな挑戦」
https://epara.jp/championship-epara-201120/

◆生配信概要
「鉄拳7」(Steam版)大会
日時:11月22日(日) 13時〜17時頃(予定)
バリアフリーeスポーツ【ePARA】公式YouTubeチャンネル
配信URL:https://youtu.be/eVTFkpJYEcQ


[動画: https://www.youtube.com/watch?v=eVTFkpJYEcQ ]


実況:風次(裏切りマンキーコング)
解説:S.H.O.W(Extractor)
ePARA CHAMPIONSHIP アンバサダー:猪狩ともか(仮面女子)
※出演者は予告なく変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

・後半戦開催に向けた、アンバサダー猪狩ともかさん(仮面女子)の動画コメント
URL:https://www.youtube.com/watch?v=KhQ3Vw7dymc

◆開催概要
イベントタイトル:第1回 ePARA CHAMPIOPSHIP

【大会日程】
?「Call of Duty: Mobile」大会 10月17日(土)
?「鉄拳7」(Steam版)大会 11月22日(日)
※??の総得点で総合優勝チームを決定!

【大会形式】
完全オンライン大会

【試合形式】
・1チーム3人以上 (同一選手による複数タイトル参加 可)
・4チームによる総当たり戦 : 勝ち点での総得点形式

【部門/使用タイトル】
チームFPS/TPS部門
・「Call of Duty: Mobile」(5 vs 5 チーム戦)

格闘ゲーム部門
・「鉄拳7(Steam版)」(3 on 3 チーム戦)
※大会ルールの詳細は「第1回 ePARA CHAMPIONSHIP」特設ページをご確認ください。
URL:https://epara.jp/championship/aim-high/

◆パートナー:
後援(メディアパートナー):「GAMEクロス」(朝日新聞社)
後援:東京都eスポーツ協会
協力:株式会社メジャメンツ


提供元:https://www.value-press.com/pressrelease/258703

情報提供:リリース