release

2021-02-20 10:00:00 スタジオ金魚色

【医療従事者への支援】2月28日(日)開催・自主制作アニメのオンラインイベント「インディーズアニメカーニバル」が売上金の一部をコロナ禍で奮闘する医療従事者へ寄付

少人数でオリジナルアニメーションやショートアニメーションの制作・配信をするスタジオ金魚色(所在地:神奈川県相模原市、代表者:ピエール伊東)は、2021年2月28日(日)に開催するオンラインイベント「インディーズアニメカーニバル」の売上金の一部と、上映する2作品のチケット収入を、新型コロナウイルス感染症の現場に従事する医療従事者の皆さまへの支援を目的に寄付することをお知らせします。

▼オンラインイベント「インディーズアニメカーニバル」公式サイト:https://indieanime.jimdofree.com/


■自主制作アニメ界の有名タイトルが集うオンラインイベントの売り上げの一部を寄付
「インディーズアニメカーニバル」は、自主制作アニメ界の有名タイトル6作品が一堂に集うオンライン上映会です。時にTVアニメよりちょっとチープだったり、時に劇場作品と見分けがつかないクオリティだったりと、様々な自主制作アニメの中でも話題の作品をピックアップ。往年のサブカルアニメファンから初心者の方まで楽しめる、自主制作アニメの世界が詰まったイベントです。

この度、新型コロナウイルス感染症の現場で働く医療従事者の皆さまへの支援に充てるため、イベントの運営収入の一部と、上映作品のうち「春空と秋空」と「#セカイが滅びる前にキミに会いたい」の2作品のチケット収入を寄付することにいたしました。


■コロナ禍の現状でおうち時間を楽しむことが支援につながると企画
「インディーズアニメカーニバル」は「外に出られない現状でも自主制作アニメの世界を多くの方が楽しめるコンテンツ」として企画したイベントで、決してチャリティが目的ではありません。ですが、コロナ禍の現状において自主制作アニメを観ておうち時間を楽しむことは、感染症拡大の終息に向けて奮闘している医療従事者への支援にもつながると考えています。

今回イベントを開催するにあたり、各監督と話を進めていく中で、村松監督より「『春空と秋空』の売り上げ配分を医療従事者の支援に使ってほしい」という依頼がありました。ピエール伊東監督の作品「#セカイが滅びる前にキミに会いたい」もコロナ禍の現代を題材にした物語ということもあり、この2作品の売り上げを医療従事者の方々へ寄付させていただく運びとなりました。

共同主催であるサブカルキャラクター「鬼っ子ハンターついなちゃん」からも「自分の運営収益をぜひ支援に回したい」と賛同をいただき、運営の収益分の一部も寄付させていただきます。


■「インディーズアニメカーニバル」開催概要
・日時:2021年2月28日(日)18時〜(予定)
・チケット:3,220円、e+(イープラス)にて発売予定
・上映作品:
〇「水のコトバ」
「イヴの時間」「サカサマのパテマ」「アイの歌声を聴かせて」でおなじみの吉浦康裕監督の初期の自主制作作品です。2000年代の個人作品とは思えないくらい撮影処理のクオリティが高く、3D空間を使った面白いアングルがとても美しい。物語はショートショートのような構成で、舞台的な脚本が楽しめます。セリフの聞き逃しには要注意。喫茶店や、そこにいる人間ドラマ、そしてもう一つ…「イヴの時間」に通ずる部分も多く、吉浦監督ファンは必見です。

〇「海からの使者」
「活動漫画館」でネット初期から活躍し、オンラインでの自主制作アニメというジャンルを開拓した、のすふぇらとぅ監督が6年の歳月をかけて制作した血と汗と涙の結晶とも言える作品。「動きの面白さ」を追い求めていて、「アニメーション」の楽しさが120パーセントにじみ出ています。かわいらしいキャラクターや様々な作品への愛のあるオマージュが楽しめます。

〇「ある日本の絵描き少年」
新しい形の自主制作アニメを生み出し、文化庁メディア芸術祭やCGアニメコンテストなどで話題の川尻将由監督の作品です。少年が絵とともに成長していく過程をモキュメンタリー形式で描いた変わり種。漫画家を夢見て挫折を繰り返した人、イラストを描いて少年時代を過ごした人に見てほしい作品です。

〇「春空と秋空」
2018年「思い出をはこぶ歌」にて劇場デビューし、やさしく美しい世界観を描く若手アニメ監督、村松大翔思監督による作品です。村松監督のやわらかい色調や絵柄から伝わってくるやさしさ、そしてシンプルでノスタルジックな世界観は見た後に心に温かいものを残しつつ、ちょっと寂しい気持ちにもなる不思議な作風です。

〇「マウスマン〜愛の塊〜」
ピエール伊東監督による昨年公開された自主制作アニメ映画です。サブカル界で活躍するご当地萌えキャラ(?)マウスマンがスクリーンに登場。キャラクターデザインとは裏腹に、80年代を彷彿とさせるハードSF作品になっています。複数人制作のため作画の温度差が少し気になるところではありますが、それも自主制作アニメの面白さかもしれません。

〇「ケンダマスター拳」(初号試写)
見た後に「ケンダマっていったい何だっけ?」と思うことになる、ピエール伊東監督の新作シュールギャグアニメ。ピエール伊東節全開のゆるふわケンダマ学園ストーリーが楽しめます。

〇「#セカイが滅びる前にキミに会いたい」(初号試写)
マスクやオンライン授業が登場する現代の世情を反映した30分のセカイ系青春ジュブナイル作品です。ピエール伊東監督が本気で高校生の純愛を描きました。

▼インディーズアニメカーニバル公式サイト:https://indieanime.jimdofree.com/
チケット販売はこちら→https://eplus.jp/sf/detail/3382860001-P0030001P021002?P1=1221

【スタジオ金魚色について】
本社:〒252-0144 神奈川県相模原市緑区
代表者:ピエール伊東
設立:2007年12月
URL:https://moyashin1.jimdofree.com/
事業内容:アニメーション制作、キャラクター企画・制作・運営


提供元:https://www.value-press.com/pressrelease/264797

情報提供:リリース